ごあいさつ

新見市のごみ処理に携わり、おかげさまで何事もなく35年の期間が経過しました。これもひとえに地域のみなみなさまのご指導、ご鞭撻、ご協力のおかげと感謝申し上げます。 私が現処理業に関わりだしたのが、昭和45年、大阪で催された「日本万国博覧会」で大阪、実兄の会社が会場内の廃棄物の処理を総括で受託し、その手伝いに関わり、ごみ処理関連事業に興味を持ち出しました。そののち、7年ほどして新見市のゆかりのある方を紹介され新見市に事業を展開させてもらう事で、住居を構えました。
私は新見出身ではありません。しかし、人生の半分以上ここで過ごし、よその土地にない豊かさを知っています。この自然を市外の方にも知って頂き、又、市内の方にも再認識していただけるよう、我々にいみ清掃がこれからも進んでいきます。ただ、私たちだけでは小さな事しか出来ません。我々に出来る事は、資源化原料(リサイクル製品の原料、いわゆる不要物・廃棄物)に関わるプロとして、不要物から資源化原料へと意識の変革に挑戦し、"自分の足元をしっかりと大地に踏みしめ"にいみ人として、社員・市民の方、市外の方、お客様、同業者様みなさんとの恊働で新見市を盛り上げていきます。

代表取締役 岩元 博 


業 務 内 容

  • リ ン ク